企業情報企業情報
リンク
閉じる
デジタコ連動
貸切観光

バス運行管理システム

「バス快道EX」がデジタコと連動可能になりました。
デジタコの収集データを「バス快道EX」に取り込み、運行日報の作成や運行管理が、さらに「簡単」「確実」「効率的」に実現できます
※「デジタコ連動機能」はオプション機能となるため「バス快道EX」本体システムが必要となります。
「デジタコ(デジタルタコグラフ)」とは、運行時間や速度の変化などをグラフ化し、その稼働状況を把握するための運行記録用計器です。 平成26年より、夜間実車距離が400キロを超える場合、または1日の実車距離が600キロを超える場合にはデジタコの装着が義務となっています。 デジタコの必要性
「デジタコ連動機能」は、「バス快道EX」のバス配車管理(予約データ)とデジタコデータを車輌単位で自動連動させ、 日々入力される日報入力作業を確実に軽減します。 それにより、入力不備の撲滅や各実績※1の整合確認、集計表 ・ 報告書の出力がより簡単にできます。
※1 乗務員実績、車輌稼働実績、輸送実績表、一般貸切輸送実績報告書、その他集計表 デジタコ連動
メーカー デジタコ機器 デジタコ管理ソフトウェア
富士通 DTS-D1D, DTS-D1A, DTS-D1
DTS-C1D, DTS-C1
ITP-WebServiceV2
ITP-WebService
矢崎 DTG7, DTG5, DTG4, DTG3 ESTRA
TrafficsⅡ
※上記以外の他社機器やデジタコ管理ソフトウェアの場合は、連動データの整合性調整が可能か調査が必要となります。 その場合は別途費用が必要となります。
資料請求はこちら
トップへ戻る